ちょっと男性が喜びそうなスレを見つけたので報告しようと思ったら(わたゆきが)大変な事になったので報告します><ノ

imagesN17JVKS4

そもそも富野監督が右翼性向の監督でもない(日本国内でも左派の監督と知られている)
その作品が主張するのは右翼性向とは全く相反する反戦、反軍国主義、反帝国主義的性向の作品だ。
結末部でホワイトベースの子供たちがニュータイプとして新しい未来を提示する部分でも示唆されるように愚かな「既成世代」の葛藤を新世代新人類が克服していくことを望んでいる富野監督の希望もよく現れてます。

私は傑作だと思います。

これをどのようにすれば右翼の作品に見ることができているかは分からないが、シーンいくつかのだけで作品全体をレッテル貼りをしないでください。
さらに、以降に作成に富野監督の宇宙世紀ガンダムシリーズもやはりそのようなのですが。

ルリウェプアニメギャラリー「穏やかに様」の記事リンク 

見たい方は自己判断でお願いします

<http://bbs2.ruliweb.daum.net/gaia/do/ruliweb/family/230/list?pageIndex=10&objCate1=&bbsId=G005&searchKey=daumname&itemGroupId=&itemId=75&sortKey=depth&searchValue=%EC%9E%94%EC%9E%94%ED%9E%88&platformId=>



上記のリンクは、Zガンダム以降ガンダムをまたはパートごとに分けて鑑賞+解釈を添えたスレッドのリンクです。 Zガンダムが訳もなく時代の戦争を云々した作品ではないだけでなく、どれだけ社会に対して批判しているのかをよく示す文があります。

ガンダム好きの方だけでなく、日本のアニメ好きの方なら是非一度読んでみてほしいと思います。
 
 他人に言うことは、最終的に自分自身に戻ってくることになる。


機動戦士ガンダムの名前くらいは私も聞いた事があります。男性に大人気なことも。
ガンダム関係のスレを見つけたのでちょっとしたネタとして翻訳しようと思ったのが間違いでした...
長文過ぎて(しかも意味のなさそうな)翻訳終わるのが都合3日にわたりました><
これだけ待って興味の無い記事だったらゴメンナサイです><

因みに私は全く知らず「シャー・アズナブルさん」と書いて「シャア・アズナブル」と指摘されました...
だって...みんな「シャー」って言ってるじゃないですか(ノ_;)



imagesHKKM0MR2


ブログの説明テンプレ

共感非共感の入ってないレスは返信レスなので韓国の方の大多数の意見ではありません。
またこの色の文字は管理人綿雪のツッコミや発言です。要らない人は飛ばしてください。


韓国の方の性質上自分と違う意見だと文句を言いたくなるようで共感が大多数の場合でも文句の返信が入ってます。また綿雪もただ、共感多い物を拾うのではなく韓国人の意見の出し合いの反応を書きたいので反論が韓国の多くの方の意見ではない事をご了承ください。


韓国の方の共感、非共感の数を元に韓国世論を判断してください。
日本の通常の雰囲気出す為に意訳してあります。ご了承ください。

毎回翻訳だけで力尽きて結果的に誤字など多く十分な推敲が出来てません。
 出来るだけ気が付いたら修正しますのでご了承下さい

長文は一応赤い字で纏めて置きます


では韓国の方の反応をお聞きください(*゚∀゚)っ


1:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん

ファーストガンダムは右翼性向がありませんが、(正確に表現すると戦争に反対する左派的)後半に出てくるガンダムは右翼性向が出たんです

2:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん


単に戦争反対をするだけでなく社会に対する特に支配勢力と、彼らが持つ思考についてかなりの批判が露骨に入ってた作品が多かったです。
併せて右翼的性向が出た作品と言っても0083 とゲオサイド、イーグルス(管理人:ゲオサイドとイーグルスがどの作品を指してるかは不明)だけです。
その多くのガンダム作品の中で言葉です。SEEDさえも右翼性向の作品ではないでしょう。
したがってだんだん右翼化されたというのは誤った話です。まして最近のユニコーンも結末部で色々言われるが、中途半端でも反戦的性向を持っているのです


3:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん


設定で病気ののようなクソ設定が多かったですね
ナチスドイツをモチーフにした奴等にユダヤ民族の象徴的な言葉ジオンをつけてたからな
そして、私が思うのは主人公が、悪を悪だと確実に指摘する場面がほとんどなく、ナチス+枢軸国に代表される、ジオン側の変化や論理であり、多くの場面が割り当てられてるんです

人類の半分を虐殺したという設定からして、すでに何の説明も必要ない人類最高の悪の集団がなったのに作品を通してジオンの立場から投影された割合が高い。
 
それでも一番まともであり、男らしかったシャアも逆襲のシャアでは「大量虐殺が答え」というとんでもない主張を筋道立てて持って出ますが、アムロ側の答えは、ただ感情的に悪い程度。
最近見たルーズ? 3dで作られた、ジオン側の兵器開発ストーリーを見てきがそれは本当に堂々と右翼的思想です。

連合軍を投影させた連邦軍の卑怯さと残酷さが大きく拡大し、ジオンは悲運の定義のために仕方なく戦った正々堂々と描かれてます(例えば、コロニーを落下させる場面を見ては、「しょうがない」というふうに進んでいきながら、新型ザクに一方的にやられる連邦軍がザクを盗んで、ジオン軍を打ちやぶり「卑怯な奴ら許すことができない」と酷いふざけた話を展開する。
その落としたコロニー内部の人々は毒ガスで殺した+コロニーを落下させて数億人を殺してしまった時点でジオンが「正義」「正々堂々」「人権」を云々する資格自体がなくなったという考えはできないのか?(笑)
 
私はZガンダムシリーズが一番好き。 zは本当に6~70年代の新帝国主義+独裁を相手に戦った民主ゲリラ闘士たちの生活を再戦で投影したとします。

UC(?)もマーサム(ごめんなさ何か分かりません...マシンかな?)がちょっと増えたかどうか最終的には7~80年代製のガンダムより別段よくありません
日本人の意識レベルや発想がその程度の低さなんです。

4:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
機動戦士ガンダムは少なくともジオンが明らかに敵であり悪と言う概念が出てました。

ジャブローで宇宙に向かう時点でギレンの演説を見るアムロとその時のナレーション部分は「『ギレン』個人についたことへの認識というよりギレンのその身の毛もよだつ『演説』で代弁される全体主義的な部分を『敵』として規定する重要な場面です
あわせてジオンがジオンになった部分でも作中、既存のコロニーの独立を主張した主要人物(シャアの父)が暗殺されてから、共和制から君主制に変形しながら「ジオン」を自称する様になった時に「ジオン」という名前を付けたということ自体が問題になる設定というより、なろうと逆説的な姿を見せるための「装置」ある可能性がとても高いです。
また劇場版でアムロの批判は感情的に悪いという形になったのではなくシャアの個人的利己主義とエリートに対する苛立ちをぶつけたと思われます。



参考動画 ギレン様演説


5:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
逆説的な話だとすると物凄く長い話ですね。御蔭でガンダムが非アジア圏ではあまりに有名なのかそのままにしておいたのだろうと思えます。
もし、サイド3を日本風名に設定しておいて(サムライ 忍者 日帝等)ジオンの名を大韓帝国だと設定して見ましょう


これを力説のための逆説だという事が受け入れられるでしょうか?( 本当に逆説だったとしてもです) 

作品全般的にジオン側の弁論人たちはある程度成熟した人物たちを中心に展開されます。ゆえに論理的である説明のように登場します
しかし、作品の象徴である主人公側は比較的未熟な子供たちなので、ジオンの行為や論理が何が悪いのか明確に指摘する部分はほとんどありません。

さらに、おっしゃったギレンの演説です。ギレンの演説はエリート主義、尊民主義のファシズムの結晶体が、そのような注意が何が過ちなのかに対する根本的説明よりも、単に「あいつは虐殺者、悪い奴、戦争を起こした張本人」 などだけで返事してしまいます

逆襲のシャアも同じです。地球を元気に治癒させるために地球の上の人間を抹殺しようとします。しかし劇中ではこれが根本的にこれほど笑える主張を( 人だけを殺すのではなく、自分が守ろうとした自然までさっと破壊してしまうのに) ちゃんと指摘するキャラは一人も居ません。
 ただアムロが「そうなれば核の冬が来て人々が生きられなくなる」程度の抗弁だけをしておいて、ブライトとの対話では「シャアが地球の首脳らの実体を知ってるようになってがっかりすることになったのだ」と弁護していいます。 
それに加えエリートが、結局は過激になり地球の上の人類を掃いて捨てようとする者に対して批判が十分ですか? 世に失望したエリートの「世の中リセット」を思い出しそうになります;; 生命、人権とは、よりもっと根本的な理由がある物なのに...
 
作品が全般的にこんなふうに流れることから概念をちゃんと理解できる視聴者がこれを見たら、何が間違ったのかはっきり見定めるのが可能だが。そうでない視聴者、特に低年齢層( そして大部分の日本人でしょう) が見たらジオンが根本的に何を間違ったのか、どんな論理であれ理解することは無いでしょう。

ある方はこれが問題ある表現だと言いますが、多くの日本アニメがこんなふうに展開されます
これは日本の平均的な意識水準がその程度であり意図的と見るしかないですね

私はガンダムが右翼アニメと認定することはありません。
ただ、多くの部分で何か明確しなかったという点が大きく感じられた。これは右翼と誤解されるような要素も十分にあると見ます。またそれが、日本人の全般的認識水準なのかと失望感を迎えるに十分だとも言えます。何か世界的常識で100 程度表現しなければならない所で日本はいつも2 ~ 30 程度に済ませたという感じことです
また、いくつかのスピンオフは公然と右翼思想を投影してると思いますよ。

6:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>5
私はあなたのアニメに接するやり方自体に問題があると思います。
あなたはファシズム的な人物の主張を主人公が明快に論理的に正確に反論しなければならず主人公がこれをちゃんとできなければ、右翼性向の作品だというふうの荒唐無稽な主張をしてるみたいですね。>>5さんが話し方通りならばスペイン内戦を扱った有名な小説「誰がために鐘は鳴る」を書いたヘミングウェイも突然に急に右翼作家の濡れ衣を使うかもしれないんじゃないですか?
クーデターを起こしたファシズム的な軍人勢力と戦う民兵勢力に支援した主人公がファシズム的な反対側勢力の論理を正確、明らかにそして詳しく反論を展開する部分がないからです。
ヘミングウェイが右翼作家ではないし、政治書籍でもない。文学作品の中でファシズムがなぜ問題なのか作品の中の主人公がいちいち詳細に反論することが、果たして必ず必要でしょうか。(主人公がこんなふうに読者に詳しく説明し始めるとまるで説教が中心となった、とても幼稚な道徳的な作品に転落する恐れがあることです)>>5さんがヘミングウェイみたいな作者に望むのは文学作品ではなく、説教的であり、道徳的な政治書籍であるようですね


7:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん

定義の相対性を話をしてるのではありません。
表現問題を巡って右、左と言ってるわけではないんです。

ただ簡単に言って「悪」の主張の論理整然さと劇中の量や割合に比べて線と定義はとても少なくて中途半端ということです。そして、それがかなり一般的というんです

アーネスト・ヘミングウェイとおっしゃいましたが、ヘミングウェイがファシズムをちゃんと指摘しなかったとまではありません。しかし、もしヘミングウェイが作品でファシズム側の主張と卞だけが論理整然と目につくように多数記述し、ファシズムを指摘、批判する内容はそれに比べてとても少なくてよくないなら、当然それを批判して指摘できるんです( 幸いにもヘミングウェイはそうではないが、です) 
そしてどんな作品であれそのような政治性、特に「根本悪」と規定された部分に対する擁護と比重が目に付くのが顕著なら、無数の論議と批判を呼び起こしたでしょう。
私はただそれを指摘してるだけです。ファシズムに対する批判が全く無いとか間違ってるとかそういうのを言ってる訳ではないのです。バランスがひどく取れてないというのです
文学作品が説明的でないという悪口じゃなくて。作品自体が「悪」の立場で「説教的」で「政治書籍」である形となった場合、それを批判するんです


8:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>7
あなたの主張はただ簡単に言えば「悪」 の主張の論理整然さと劇中の量や割合に比べて「善」の定義はとても少なくて中途半端ということです。そして、それがガンダムではかなり「一般的」というんです
ただ私はあなたのこの主張に賛成しかねたのが私はガンダムといえば一番先に思い出すのが「ガンダムSEED」です。( 私が初めて見たガンダムが「ガンダムSEED」です)
SEEDでは双方の主張がよく対比されて出て主人公側の主張が疎かに扱われた感じは全く受けていません。また、ジオンの方のエースパイロットのアシュラムが思考的に独立して第3の勢力として戦う部分がシナリオ的にとてもいいと感じられました。私が「ガンダムSEED」で受けた感じとあなたが他のガンダムシリーズで受けた感じがおそらくかなり違うようですね。
それで、あなたと私のガンダムに対するイメージがかなり異なったものでもありますね。また一つこのようなフィクション作品で重要なものの1つは主人公が相手の主張について論理整然と反論をする部分と思わないです。大事なのは相手の一見論理的な主張にその場できちんと反論をないとしても納得ができなくて反発し、それで実際に反対側側で戦うことになり、そのような過程の中で一つずつ気づいています。このような過程を言葉で誘致するように説明するのではなく、主人公の行動で示すのがこうした創作作品ではもっと効果的であるということも知っておいてください


si-do


9:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>8
別にファーストガンダムだけを指摘したのがありませんでした。

私は日本のアニメでよく見えるようなパターンを指摘したものです。
ガンダムのように大きな構図の作品だけを見てるのではありません。

例えば...
反則をやられたが、反則した奴とそれを取らなかった審判に対する批判よりは反則されたやつが弱かったというふうに話を展開するんです
日本のアニメでこのような論理よく見ないですか? された君が問題だね~という具合です

あなたは「このような過程を言葉で誘致するように説明するのではなく、主人公の行動で示すのがこうした創作作品ではもっと効果的かあるということも知っておいてください」と言っているのに、
アニメドラマ・映画、小説をよく見る人達に、このような法則知らない人が何人いますか?こんな基本的なもの無視して説教したがるので私の意見を理解したらそれで十分でしょ。

そんな娯楽作品と理解して見るには要所要所瞬間瞬間、善悪に対するひねくれて曖昧な場面が目立ってたくさん登場するアニメがよく見えるんです

戦争のような大きな概念、特定作品やシリーズだけを見るよではなく そのまま日本アニメを長い歴史で見てみると「設定から馬鹿な話があり」「設定に無理がある」 と(しかも、それに対する反論もほとんどなく) 眉をしかめている要素や場面があまりにも多いということです

長年様々なアニメを見ながら感じられる部分に対する指摘を、単に表現の基本的手法とルールとして、不快感を感じて指摘することを否定すると議論の自由が無い物だと思います

「技法と表現だと見たとしても「馬鹿な話や無茶な話」が目障りに、しばしば要素要素で登場する「選択肢」がやや度を過ぎる。 
分かりやすいたとえ話は出来ませんが、大体今このような感じです。


10:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>9
「日本アニメでこのような論理をよく見ないですか? された君が問題だね~という具合です」 

このような形の主張が出ているのが問題だとされるのです
この主張については大きく二つに反論してみましょう

先に大多数のアニメは、多様な人物が登場します
そして多様な個性と性格を持った人物たちが互いに異なる主張をしながら対立と和解協力する過程をほとんど扱っています

あなたが問題とする主張を登場人物たちはみんなが同じように主張しているアニメがありますか。

登場人物の誰かが主張するのでしょう
そして他の登場人物は違う形で世の中を理解しながら異なる主張を展開するのが一般的です

私が見たらあなたは登場人物のある人物があなたの気に入らない主張をすると
これで作品全体を問題にした奇妙な主張をすることになります 

様々な登場人物たちがさまざまな主張を展開するのはあまりにも当然だと思います

何時もそうではなくても場合によっては一部非難される場合もあります

例えば、十分に被害が予想される状況で一生懸命に備えない場合。
被害者も非難される場合があります

そしてこのような場合もあるために、被害があった人も問題があるという主張を展開する人物が登場したりするのでしょう

基本的に加害者の責任が大きさはあるが 被害者も被害が予想される場合は一生懸命に備えなければならず
このような努力を怠る事があるなら このような部分においては被害者もある程度非難を受けられるのです


11:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>10
まだこの話を続けるの?  翻訳してる私が言いたいです.....

確かに先に、考えるべきことは

日本のアニメが全部間違ったということを話ではありません。
特定のアニメで特定思想の一つが一場面に出たからといってその作品全体を直接扱うものとは言ってません。
特定の思想が複数「日本」 アニメで出てくる場面が目につくからにそれで日本のアニメ製作者や日本式の情緒が何かしら「間違ってる」と感じるのです。

ファーストガンダムについて書いてみると
登場する人物の一部が気に入らない主張をするとそれを指摘して作品全体を評価x 
登場する人物の一部が悪役に登場する時に使う論理や行動、そしてそれに「反応して受け入れる形」が、技法という説明だけで理解するにはとてもひどく、とんでもないことが多いということです。そしてそれをあまりに軽く扱います( 大虐殺してるんですよ。その大虐殺を簡単に片付けてるという話です。深刻なアニメでなくとも軽い学園物では幼児性が強い)
 
そしてこれはファーストの人物の場合だけを話するのではなく、作品の設定や背景ストーリーもすごくさりげなく登場します

技法と多様性+言葉で直接的に解消することがないから反復継続しているんだ
 
それだけで見て理解するにはあまりにも歪曲され、バランスが割れて終局には根本の善悪部分があいまいに歪曲されて伝達される余地が十分多く目に余ると言う事です。

ここであなたはごく一般論をずっと私に説明してますが、 私の特定的に気に目立つ部分を指摘している事をあなたが理解できないと考えられますね。

多様な人物が登場して中には対策を講じなかった被害者を責任を批判する意見も出る可能性があるとおっしゃいましたね。
しかし、被害者も一定の責任がある訳ではないです。どちらも被害者だっていうふうに全体的に雰囲気を進行していけば問題があると思いませんか。

「その程度の反則は予想して備えてよ。そんな反則と誤審にあまり気を奪われれば君は負けるのだ!」
言葉で直接言及しないにせよ作品の雰囲気はこのような展開です。そのまま被害者が「君がおかしいのだよ」形で流れてしまいます 

このような要素や展開があちこちでずっと見られます。そこで日本特有の「納得しなさい!」 精神をずっと投影され不快さを感じるんです

しきりに基本的な骨組み話しないで。特定作品、特定の要素でもあれはちょっとひどい。あれはちょっとないじゃないか。


12:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん

たとえ意図された逆説としても少なくとも韓国で見る人たちに洗脳されなかっただろうというのは私も認めるところです。
話のビジョン がてんで通じない作品「コードギアス反逆のルルーシュ」 という実際的な事例もあるしね。

ただしギレンに演説についておっしゃっている部分は同意しにくいがこの作品が70年代後半に放送された時点で考えてみるとの全共闘以降、日本内部に事情上「説明しなくても」 直ぐに視聴者には分かるようになる状況だったと思います。

ただ、明らかにその「視聴者」は幼い子供ではなかったというのは同感します。

私も右翼アニメであると説明すると、言及する部分において少なくとも宇宙世紀ガンダムの場合、当時、日本人左派としてできる抵抗とその限界をそれなりに最大限見せてくれた作品ということが言いたかったのです。

私は史学科出身で大学時代の卒業論文のために日本近現代史特に60年代以後、日本社会運動についてそれなりにたくさんの勉強をしました。それをしながら感じたことは、日本の学生運動、大きく見ると左派的な社会運動は我が国の人たちが見るととても残念に(? )感じられる水準で終わってしまうということです。

ゆえに、いくら学生運動を実際的に比較しても、すでにその社会運動として、ある程度の実を収めて社会で定着した我々と比較してみると認識水準が低く感じられるかしかないです。

私が言葉が未熟のため、もっとあれこれ抗弁したい部分も確かに存在するが叶わない部分が多いですね。それでも私もあなたがされようとする話を否定することはありません。私もほとんど同意します。とにかくいいお話ありがとうございます。


13:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
 おっしゃったとおりに70年代の時代相の社会像は全く考慮してませんでしたね。

21世紀の進歩主義立場で見るには、部分部分がとんでもないと感じられるしかないですね  

多分私の最新定番シリーズなUC を見て哲学道徳表現的な面でさほど変わったことはないという感じがとても大きく、ガンダムシリーズ全体に対する失望に広がったようです。
未熟者で愚かな主人公がとんでもないフル・フロンタルの思想に別で除隊になったコアも全く歯が立たず身をそがれそうな感じを受けて「あ、こいつらは上手くいかないな」 という考えが浮かびましたね。(むしろアーガマ艦長は痛快です 「こやつらはテロリストだ!」 )


14:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん

うーん...カミーユ・ビダンやジュドー・アーシタが未熟で愚かとは思わない。アムロも同様よ。その作品を見ていたその時代に「新世代」を投影しようとしたと思います。社会の問題(涙)を知っている人は知っていただろうが知らずにいた「視聴者」のための富野の演出だと思います。
アムロがシャアの改革について断固とした批判をしていなかったが、アムロが起こした行動は「アクシズショック」と呼ばれ、その行為とその中でのようにアクシズを握ったネオ・ジオンのボトルを見ていると私は論理的ないかなる部分ももっともっと重要な点を監督が明らかについていたと思います。
それでも>>13さんの考えも十分に理解します。私も日本のアニメのテーマ意識が、たいして日本の社会意識がよくならないことをしばしば感じられる場合が多いですね。私もUCで似たような感じを受けたからです。十分に理解できます。

15:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
前にも日本のアニメ関連して、似たような文を書いたことがある
ヒューマニスト、生命倫理、人間の権利の面であまりにも表現が弱いのが日本のアニメの問題だと。ガンダムもそれが土台になった部分が大きいと感じています。
何億ずつ殺すことの重みや重要性についてあまりにも不足している感じと言えよう。
上にも書いたようにコロニーを落下して数億ずつ殺した時点で、そのいくつかの論理や定義も成立しないなるのが、リアルの世界では当たり前の常識だが、アニメでは、その当たり前のことの雰囲気?感情移入が非常に弱いのです

だがまあアニメはアニメなだけで戦って壊してこんなアニメを見て好みだと気使わなく進むことができますが、ガンダムのようなアニメはこういう部分が有毒思想があるとされる理由が作品を通してお互いの定義の主張が一般的なアニメとは異なり、非常に多くの割合で登場するからです。

口喧嘩してるとき悪党どもの説教がはるかに多く、あまりにも当たり前の正義者の主張は弱すぎますからね

一方、攻殻機動隊テレビシリーズは全シリーズ良く評価します。主人公たちは基本的な善をしっかり認識してるんですよ。だから非情な諜報と殺戮の世界でも区別なく共通善のしっかりした基準があるのです

16:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
ガンダムがヒューマニスト、生命倫理的に重みや深刻性について無関心だと思うことは少しありますね。そんなのがV ガンダムでウッソーが自分のお母さんの切られた首を持って他の人に紹介させたり、F91 での大量虐殺兵器に対する描写などを見ると人の命の重量感の割合が低いと見る事が出来ます。
また、当初に富野が社会の問題を論破するために作った作品ではないからそういう価値観ですね。
「見なこれが現実だ」という感じの価値観です。しかし、そういった作品であるため、より大きな反響を生むことになったと思います。
 
「君は刻の涙を見る 」 Z ガンダムのキャッチフレーズがガンダム全体を通した言葉でもあるという考えが出来ます。

ヤン・ウェンリーようなキャラこそ、もしかしたら>>12さんがガンダムから出てくれることを願っていた人物かも知れないと思います。


17:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
私はファースト-z-逆襲のシャアがガンダムが好きですㅇㅅㅇ; 
これを元に話さないといけませんでしたねぇw



imagesK1Z6ASP1

18:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
一言で言えばガンダムといっても様々なシリーズがあり、内容も異なる点が多い
同じように評価すべきでいけませんね

私の好きなガンダムはガンダムシードだったが、右翼性向の作品だとは考えにくく
むしろ「反戦」が主なメセージだったと言うことができます
(ガンダムシードかなりまともアニメだと思います)

私はガンダムシードのようなアニメは、現在の若者が一度は見るのが良い作品だと思います

私はガンダムとガンダムシードを思い浮かべので、ガンダムが右翼性向という主張は、 あまり説得力が感じられないですよね


19:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
ガンダムシードは私もまともな作品だったと思います。ただしガンダムシードデスティニーが既存のガンダムの作品の傾向とは少し違う方向にテーマ意識につながったと思うので、シード、デスティニーはどう考えても肯定的に見てくれることは難しいですね。

20:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
私もガンダムSEED良く評価するが、ガンダムSEEDデスティニーは実際にはいまいちですね

だから、他の人にはガンダムSEEDデスティニーはお勧めしません
ガンダムSEED見ろと薦めます(笑)


21:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
SEEDから監督が右に偏ってなかったか?

22:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
ほかの事は知らないがIGLOO?それは本当の右翼作品だと思います。どこの枢軸国の宣伝物レベルかと。
そういう右翼信者確定レベルの作品が21世紀に製作されたのも笑えます。


23:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>22
その監督が0083の監督でもあります。私も見て鳥肌が立った作品です。
あんな作品がガンダムト言う名前をつけてよく出せるもんだと思った。


24:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
表面上では反戦であっても潜在的には極右-民族主義戦争で間違いないです。
ロボットアニメというジャンル自体が第二次世界大戦と軍国主義の遺産。ガンダムは日本の武士の鎧から引用


25:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
>>24少なくとも富野監督の作品は右翼性向の作品ではありません。
誤解をされる場所があるのは間違いないですが本当に誤解です。

26:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
サムライが第二次世界大戦に参加したわけでもなく昔の鎧であるだけなのにwそれを軍国主義なんてww


27:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
侍の代表的なイメージの武士道と軍国主義と切り離せない概念だから間違ってはいないようです。


28:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
「武士道」はおそらく格好よく見えてつけただけの名前でしょう。
いつも日本人が歴史にほんの少しでも知識や警戒心があった事は無い。

29:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
一応ガンダムの父である富野監督は言いました。反戦が自分に一番大事なものだと
しかし、富野監督が撮ってない作品は右翼性向が強いと思います

宇宙世紀作品だけ見ても0083が代表的です。

でも笑わせたのは宇宙世紀以外の作品ほど右翼性向が強いという事です。
ガンダムwとか、ガンダムSEED、ガンダムビルドファイターズ、ガンダム00同じバンダイのプラモデル売りの為にありったけの力を使う作品の大多数が、右翼性向です。

特にガンダムwはテーマは反戦であるにもかかわらず、力で平和を実現という矛盾的なテーマに右翼性向を隠そうとしました。右翼の頂点のSEEDデスティニーは、製作チーム間に争いが報道されるほど、そしてスタッフも途中にやめていく人が大勢いました。あ、商業的に成功した右翼性向はイグルーたった一つありますね..それもジオンだけ....

でも笑わせたのはこれら右翼作品の大多数が滅びたのです。

日本人すらも無理無体右翼性向について批判的に見ているということです。

個人的にガンダム最高の作品はゼータ、0080と見ます。中立的な見方でそして戦争の恐ろしさを主人公やわき役たちが十分に話をしていんですよ。

ところで0080はova版でも4~6話だけ面白いというのが罠だ。

30:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
プラモデルの販売はseedシリーズは、非常に多く売れました。そして、視聴率だけで見れば、seedシリーズは、良い方でした。ファーストガンダムも初めて視聴率良くなかったが再放送したときに視聴率がたくさん上がりましたよ。

31:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
一番最初のSEEDを見た。シリーズの中では、ウイングを見た...これはちょっとひどいと思いましたね...イライラするほどだからそのまま見なくなりました..

32:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
私はシードを見てアニメの世界にのめり込んだが..見てる時はおもしろくて傑作だと思いましたが、後にアニメ以外の事を知ったらシードシリーズは本当に拙作ですね...

33:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
ガンダムウィングが女性の為のガンダムでした....


gw

34:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
個人的には竜頭蛇尾のダブルオーが惜しいです。

35:名前:<丶`∀´><`д´;><`∀´〃>さん
ガンダムの監督はよく分かりませんが、ガンダムのアニメーター兼漫画家の安彦良和は、
骨髄左翼性向として知られています。彼の近年の漫画を見ると、朝鮮併合の歴史観で徹底的に
反帝国主義反右翼の視線で見たのです。朝鮮の緑豆将軍全琫准を時代の先覚者として描いています。






翻訳してて疲れました。歴史以上に知らない事だらけだったので間違ってたらゴメンナサイw
まぁ言える事は「娯楽作品に政治的思想云々を言うなら日本の作品を見るな」ですね('▽'*)




というわけで今回の翻訳はこれにて終了です。御覧戴きありがとうございました
ヾ(´ω`=´ω`)ノ

↓↓↓ ランキング参加してます綿雪のモチベーションにつながってます
よろしければクリックお願いします

海外の反応 ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加

↓↓↓ ランキング参加してます。綿雪のモチベーションにつながってます。

よろしければ一日一回応援お願いします!

海外の反応 ブログランキングへ

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○

綿雪からの切なるお願いがあります。

当ブログの事を宣伝して戴ける行為は凄く嬉しく思います。
ただ他ブロガーさまの迷惑になる様な貼り付けなどは謹んで戴ければ嬉しく思います。
知名度上げるためにアンテナサイト様には登録のお願いをしておりますが、なにぶん綿雪には権力も知名度もない生まれたてのネコの様な存在です;;
ブログ経験も浅く、まだ出来て1月程なので長い目で見ていただけたら幸いです。

あと、2ch...特に東亜板の皆様のスレの進行邪魔になるような貼りだしもしない様お願いします。
綿雪は東亜板の皆様にいろいろ特亜の事を教えて戴いたので東亜の皆様が
「オイ、ブログの貼りだしウザイからやめろ」とかなったらチョー悲しいです。
以上綿雪からのお願いでした。


当ブログは出来立てのホヤホヤで知名度も低い状況でありながら連日4000の皆様においで下さることが出来る様になりました。
心からお礼申し上げます。そしてこれからも末永くよろしくお願いします。


では以下はブログの宣伝ですので興味ある方は見てってください
.。゚+.(・∀・)゚+.゚


初めていらっしゃったお客様へ
一層このブログを理解したいそんな奇特な方は⇒綿雪ブログの読み方クリックして読んでいって下さいませ。

纏め方の法則など書いてます
またそこのコメント欄に要望など書いていただいてもおkです^^

現在このブログはまとめサイト様の登録を確認してるのが

 海外の反応まとめblogアンテナ様
 海外の反応国別リンク集様
 海外の反応 まとめ あんてな様
 海外アンテナ-海外の反応・情報サイトのまとめ様
 ニュースまとめ桜様
 海外@反応様
 海外の反応ブログアンテナ様
 ニュース速報まとめ梅様
 海外の反応アンテナ様
 海外の反応@ナントカアンテナ様
 にゅーやく様
 だめぽアンテナ様

ですのでよろしければ↑通って帰ってほしいです。

リンクお返し少なすぎて削除されたら見てもらえなくなっちゃいます。・゚・(ノД`)

それではまたです(。・ω・)ノ゙


※コメントについて。
記事に関係ない事柄での個人攻撃や特定の人種を殺す等の行き過ぎた暴力の言葉や人種差別用語、性差別や他ブロガー様の迷惑になるようなコメント等はお控えください。
またgoogle様にアダルトの警告を受けるような言葉お控えください。
場合により綿雪@管理人の判断で変更、削除される場合がありますのでご了承くださいませ。


出来ればここからニュースを観に行っていただけると助かりますm( _ _)m
厳選ピックアップ